ただし、てめえらの側にも責任はある。

昨日、嵐の二宮さんのスキャンダルについて書きましたけど、その続編です。穏やかならぬタイトルですけど、まあちょっとお付き合いいただけたらと思います。

そもそも、わたしがドルヲタというか、より正確にはジャニヲタになったのは、大学四年生のころで、あややさんがやってるようなアンケートの全体的な傾向を見ると、高校生以下の人もいるわけで、早い方ではありません。

前回書いたように、わたしも大概淡白なファンですが、一緒にライブ行ってた子もかなり淡白な方で、何度かあったスキャンダルでも担降りすることもなく、チケットが取れたら、ただ現場で楽しく過ごすというくらいの感じでした。一口に言っても、色んなスタンスの人がいるので、悪口言っても仕方ないですが、一部にはリア恋的な感じのファンもいるわけじゃないですか。あれは知ったとき、ほんとにびっくりしました。嫌味じゃなくて、たまたま周りにいなかったから。

古い言葉を引っ張り出してくると、この国には、茶屋遊び的な文化があるじゃないですか。特に、ここで念頭に置いているのは、芸者や遊女とお客さんとの距離の取り方のことです。専門家じゃないので、間違えてたら申し訳ないんですが、それと一緒だと思ってたんですよ。さすがにアイドルは身請けとかはできませんけど、遊び方として、立つ鳥跡を濁さずみたいな感じで、たとえばライブなら、楽しい空間を共有する。終わったら、またねって別れる。そういうものだと思ってました。だから、スキャンダルがどうとか、リア恋とかって、純粋になんだろうと思ってました。語弊を恐れず言うと、アイドルに執着すると、スキャンダルとかでつらい目見るの自分じゃないですか。手に入らない、究極の他人だと思うんです。

でも、そこにはアイドル側の歪みもあって、記憶違いだったら申し訳ないんですが、たとえばドル誌とか見ると、もし付き合ったらとか、記念日はどうするとか、主にリア恋してるファンの勢いをさらに煽るようなことをやってるわけです。それがお仕事だから。アイドルに限らず、大なり小なり、芸能人ならよくあることですが。それを見るたび、もうやめてくれよと正直思います。それは、ぱぷりこさんの言うところの、恋心の搾取なのでは?と正直思います。リップサービスして、売り上げを伸ばしてるわけで。あと、誰とは言いませんが、よくあるCDとかの特典商法とか。そんなことを日常的にやっていたら、ジャニヲタに限らず、そりゃスキャンダルで怒るよなあと思います。アイドルが好きだって気持ちの完全なる商用利用だから。よくできた仕組みです。そこに一度ハマると、なかなか出るのが難しい。特に、リア恋の人は。

ファンの側に、あるべきアイドル像みたいなのがあると同時に、アイドルの側にも、あるべきファン像みたいなものがある。だから、その一線を越えると、ストーカーとかスキャンダルとかで問題が起きます。アイドルは、基本的にパブリックイメージを保たないといけないし、ファンはアイドルの活動を支えないといけない。言葉にすれば、ものすごく単純な仕組みだけど、ファンの側の原動力になるのは、ほんとにシンプルで、アイドルが好きだという感情です。その思いは、その本人に意識はないかもしれないけれど、わたしの知る限り、大体搾取されます。アイドルも大概搾取されてるんですが、ファンも同様です。何この救われない感じ。書いてて戦慄してきた。

そういう気持ちが肥大化して、無視できなくなったので、わたしはファンという立場からはほとんど引退しました。チケット当たったら、ライブ行って、楽しく過ごしてさようならする。そもそもが淡白な方だったので、正直今の方が気楽です。もともとあんまり交流もしないし。人それぞれだなあと、改めて思いました。前回に続き、またまた長文になってしまって、ごめんなさい。

※リア恋してる人とかを糾弾したいというエントリではないです。念のため。