草間彌生さんの展覧会に行ったら、大ダメージを受けた。

ツイッターでもちょっと書きましたが、草間彌生さんの展覧会で、ほんとやりきれない気持ちになったので、申し訳ないですが、ちょっと書きますね。読めばわかると思うけど、草間さんや主催者側は全く悪くないです。そういう趣旨の話ではないです。むしろ、行けて良かったし、やってくれてありがとうという気持ちであります。あと、教養程度しか芸術に詳しくないので、間違ってることも多分あると思いますが、間違ったこと書いてたら、コメントなどでご指摘ください。よろしくお願いします。よし、安定的に前置き長い。ごめん。

草間さんは、病気や障害を持ちながらアマチュアで創作活動をするわたしにとって、憧れ的な存在です。すごいと思う。ほんと尊敬してます。病気が何だろうが、病気でごりごりエネルギーをハンパなく削られながらも、あれだけエネルギッシュに芸術に向き合えるのは、わたしの知る限りでは、ものすごく非凡なことだと思っています。ご本人の音声も収録されているイヤホンガイドも借りたけど、もうご高齢ですが、ほんとしっかりされてるなとつくづく感心しました。わたしは、この数年、家で介護を手伝っているので、余計感じるんですけど、あれは並大抵の努力ではないと感じます。草間さんの場合は、芸術という生きがいがとても大きくあって、いわゆる一般的な高齢者と比べるのはフェアじゃないのかもしれませんが。でも、すごい。

みなさんご存じの通り、草間さんの病気は、差別や偏見がとても残っている病気で、気が狂ってるとかキチガイとか、一般の人にはそう思われやすい性質のものです。ほんとのところは、異常と正常は、連続体のグラデーションのようなもので、完全に異常というものもなく、逆に、完全に正常というものもない、つまり異常と正常は、断絶してないという意見を見たこともありますが、個人的には、それは正しいと思います。めんどくさい書き方でごめんだけど、どんだけ正常と言われる人でも、異常な部分を持ってたりするし、逆もまた同じらしいんですね。すべてが異常と言うわけでもないと。草間さんは、病気の性質上、異常と言われやすい人です。でも、草間さんの著作とかいくつか読みましたけど、わたしには、草間さんは異常には見えませんでした。むしろ、とても理知的で、かなり戦略的です。少女のようでありながら、したたかな人だと思いました。わたしだけかな。まあ、イヤホンガイドで、いきなり自作の歌とか歌われると、そりゃびっくりするけどさ、でも、わたしはそれをもって異常だとは思いませんでした。面白い人だなと、個人的には思いました。他の人がどう思ってるかはわかんないけど。

まあ、でも、問題はイヤホンガイドではなくて、会場内でたまたま聞いてしまった言葉です。「キチガイだから描けるんだね」とか「やっぱりこのひとは気が狂ってる」とか。正直、やめてくれよと思いました。それまですごく楽しく展示を見ていたのに、冷や水をぶっかけられた気持ちになりました。確かに、草間さんは病気です。代表作の水玉模様は、病気由来のものです。それは知ってる。わたしが言わなくても、多分、みんなも知ってると思うけど。でも、じゃあ、それはキチガイだから?気が狂ってるから?出典がどの著作か忘れてごめんなんですが、単に、病気の症状を描いたり、病気の苦しさを和らげるために、生きるために描いたものではなかったの?それを、なぜキチガイとか気が狂ってるとか、そんな言葉に落とし込んでしまうのか、わたしにはわかりませんでした。その人たちは、一周回って、誉めてるつもりなのかもしれないけど、「キチガイなのにすごい」とか、「気が狂ってるのにすごい」とか、それって全然誉めてなくね?偏見や差別とどう違うの?むしろ、こっちが聞いてて恥ずかしかったです。病気の人に対して、ものすごい上から目線じゃないかと思いました。それに、一生自分には関わりないと思ってんだろうなと。その神経がすごいなと、ある意味で感心しました。無知ってすげえ。皮肉すぎた?ごめん。自分のことじゃないのに、激怒してる自分が、自分自身、ある意味滑稽でもあるんですが。草間さんも、こういう反応、想定してると思うし、何なら今までだって絶対たくさんあったと思うんですよ。想像だけど。そんな中、草間さんが今まで闘ってきた歴史の重みを考えると、ほんとにすごいと思う。悲しかったこともたくさんたくさんあると思います。逆に、偏見や差別をしたたかに利用してる面もあると思いますが。

言いたくないけど、病気についての理解が進んでない現状では、良くはないけど仕方ない面もあるし。このままでいいとは、全く思わないですが。言ってた人も悪気はないと思うんだけど、ほんと引っ掛かりました。長文でごめん。展覧会自体は、ほんと良かったです!興味ある方はぜひ!