読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニゾンのライブ行って、たかおさんにぶちのめされた件。

いやー、我ながら、今更何ヵ月前の話してんのかという件ですが、イジーのツアーの中盤に、ライブ中に耳が壊れました。ツイッターで何度か書いたので、覚えてる方もいらっしゃいますね。きっと。

ニゾンをdisる意図は全くないのですが、ロックバンドのライブって、最前ブロックやばいなと。下手のスピーカー前にいたので、特に左耳が。何度か書いてますが、もともと聴覚過敏なので、大きい音は苦手なんです。ユニゾンを好きになる以前は、ロックバンドのライブに行ってみたことがなく、スタンディングもほとんど慣れてなくて、一曲目が始まった瞬間に体当たりして激しく踊りまくる人がいることも知らなかったです。でも、こういうのは、あのときだけなのかなという気もしてきたけど。逃げ場がなくて、結構怖かったですね…。

まあ、それは置いといても、大きな音が苦手なのになぜ最前ブロックに行ったのかと言うと、連れがいつも最前で見る人で、番号も若かったし、近くで見てみたいなと思って、ほいほいついていったのが原因です。いつもは、真ん中かもっと後ろで見てました。だから、耳も特に不調にはならなかったし、耳鳴りがしても、しばらくしたらすぐ治まっていたんですね。それもあって、実は最前大丈夫なんじゃね?!みたいなことを思ってしまったんですよ…ほんと出来心ですよね…。

それで、結局、始まって一時間も経たないうちから、この音量無理だわ…一刻も早くここから離れたいと思い、夢中で見てた連れにラインして、一旦会場の外に出ました。扉を出たところに、優しいスタッフさんがいて、椅子に座らせてくれたり、水をくれたりして、大変感謝しているのですが、扉の向こうでは大音量で音楽やってるのが、かなり伝わってくるんですよ。そのときは、この距離でもダメだったんです。とてもじゃないけど、耐えられなかったので、スタッフさんにお礼をして、早々に立ち去りました。これがきっかけで、後日、ライブ用の耳栓を購入しました。ライブよく行く人は、ほんと気を付けてください。スピーカー前は、場合によっては、耳が爆死します。わたしは、早めに会場を出たので、聴力が元に戻りました。最後まで見たかったので、すごく悔しかったですけどね…一生忘れられない気がします。

もともとイジーは、途中退席したものも含めて、ざっくりわけて、ツアーの前半、中盤、後半の3公演に参加しました。後半の公演は、発券したときにすごくびっくりしたんですが、前から4列目だったので、嬉しかったけど、耳はほんとどうしようと不安で仕方なかったです。贅沢な悩みだなあとは思いますが、これ以上耳を壊すわけにもいかず、ばっちり耳栓をして行きました。ライブ終わるまで、無駄にすげえドキドキした。耳栓してても、やっぱり耳に来るところもあるし、気が気じゃなくて、近くで見れてすごく嬉しかったけど、ほんと何しに来たんだろうというくらい、疲れました。

そこでわかったのが、わたしの場合、一番ドラムがやばいということです。途中退席した公演では、ギターの音がつらかったんですが、後半の公演では耳栓のおかげで、ギターはほとんど大丈夫でした。でも、ドラムは、首筋から胸にかけて、かなりの振動が伝わってきて、たかおさんのパッションをこれでもかというくらいに感じました。息をするのが苦しかったです。それくらいにすごかったです。耳栓ではどうにもならないところなので、ちょっと絶望しました。こんなわたしは、もうこれ以上ユニゾンのライブに参加できないのでは?とか思ったりしました。病気で体力とかあんまりなかったせいもあるけど。たかおさんすごすぎた。この一言に尽きます。行って良かった(ドM)。

それから、ユニゾンのライブには行っていません。まだ怖いなあという気持ちもあります。耳栓すればいいじゃんと思ってるのですが、たかおさんのドラムのことを考えると、なるべく後ろの方で見たいと思っています。それでもダメだったら、CDとDVDで楽しむしかないかなと。ユニゾンのことは、ずっと好きでいたいので、今後はライブはどうしたもんかなあと思ってはいます。めっちゃ行きたいんですけどね…。